移転しました^///^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ココアぱうだー
 
[スポンサー広告
2008年10月12日19時36分

我が家のハムスターが亡くなりました。

分かってたんです。何となく。

覚悟はしてた。

けど、辛いのに変わりはないよ…。

2年目迎えたかったよ…。

ありがとう。だいすき。


家に来たのは12月22日、私の誕生日より8日遅れたプレゼント。

2匹いる小さな箱から私は君を選んだ。

帰り道はそわそわして、名前を皆で考えた。

決まったのは〝ココア〟名付け親は私じゃないけど気に入っていた。

それからは本当に可愛い君が私の癒しになっていて、少し鬱な時だって慰めてくれた。

小さなからだで頑張る姿は生きる事について私に教えてくれたんだ。

1度小屋から逃げ出して、家中を必死になって探した。

凄く不安だったけど涙は出なかった。

何処かに居るって信じてたから。

泣いて良いのはどうにもならない時だけだよ。今がそれ?

寝床の前で目を開いたまま倒れてて急いで拾い上げた。

ぐったりしていて駄目だって思った。

だけど、涙は止まらなかった。

手で温めて大丈夫……頑張れ……を繰り返した。

それに応えていたのか、口を大きく開いて息をしていた。

苦しかったね…。そしたらいっそう苦しそうに呼吸を荒げてそのままゆっくり…、

目も閉じて、手足も丸まって。


今までありがとう。本当に本当に。

一緒に居れた日々が幸せだった。君は幸せだった?

でもこうやって泣いても仕方がないのは分かってるから。

いつも心の片隅にそっと留めておくね。

さようならじゃない、いってらっしゃい。

ありがとう。
スポンサーサイト
Posted by ココアぱうだー
 
[日常

thema:中学生日記 - genre:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。